水の健康トラブルに注意!鉛中毒を予防しよう

築年数の古い家に使われている鉛の水道管は健康トラブルが起きる可能性があります。鉛は食品からも摂取される場合がありますが、健康に害がない程度の微量であれば問題はありません。しかし、毎日飲み続ける水に健康トラブルを引き起こす鉛が混入していれば、継続して摂取することで中毒症状を引き起こすケースもあるでしょう。鉛中毒には、関節痛や食欲低下などのほか、貧血や高血圧、不妊などさまざまな症状が見られます。

特に子供が鉛中毒になれば、元気がなくなり注意力が散漫になるなど、活発な活動が困難になるでしょう。鉛中毒の症状は人によって異なるため、体調不良がなぜ起きているのか原因を見つけるのが難しいケースも多いです。鉛を体内に取り込んですぐに中毒症状は出ませんが、長い時間をかけて症状が重くなっていくので、なるべく初期段階の内に水で健康トラブルが起きていると気がつく必要があります。鉛中毒には、鉛を尿と一緒に体外へ排出すると言う服薬療法がありますが、なるべくなら健康被害が出ないように予防をするようにしましょう。

毎日飲む水はトラブルがなく安全性が高いものに限ると考えるなら、浄水器を設置してトラブルの原因である鉛を除去するのが簡単です。どうしても設置できない場合は、朝一番に飲まないことが重要になります。鉛管から溶けだした成分が夜の内に濃度を高くしている可能性があるので、バケツ一杯分程度の量を捨ててから飲むようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *