古いお風呂の詰まりや水漏れは費用と相談すること

在来工法の古い時代のお風呂を使っている住宅はまだまだあり、木造住宅ではありますが、コンクリートやタイルなどを使って作られているタイプが該当しています。この時代に作られたお風呂は、老朽化により詰まりが頻繁に起きたり、水漏れが何度も起きたりと、何かとトラブルが増えて来る可能性が高まります。壁には水道管からの錆の痕跡が付いてしまったり、洗い場ではタイルが割れている状態で使っている住宅もあります。単に詰まりや水漏れの解消という問題だけでは、結論からすると何度も直せます。

詰まりに対しては床面に穴を開けなければならない場合もありますが、通常は専門会社の手によれば直すことは難しくはありません。ここで検討した方が良いことはあり、直せたとしてもその回数が増えていたり、パーツ交換や作業上の工程で修理費が5万円以上も掛かるような事例も増えていれば、直す方法ではなく新しくユニットバスを購入する方にメリットを感じられる場合も出てきます。住宅に今後も長く住む予定の方であれば、在来工法ではなくユニットバスに切り替えをすることで、余計な出費を無くせるように施せます。最新のユニットバスは高気密で高断熱を実現していて、蛇口の質や湯船の質も非常に良いものを採用しているので、エコ生活を送る際にも貢献できます。

新しいユニットバスであれば、詰まりや水漏れの現象はその後長期にわたって起きることはなく、後にトラブルが起きても在来工法より修理代が安くできる可能性もあるので、修理費用と相談しながら決めることが最適です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *