集合住宅で配管が詰まり水漏れが起きた場合の責任は

集合住宅で水道管や排水管の詰まりや漏れが起きた場合には、早急に対処する必要があります。特にマンションであれば防水加工は浴室の床材に限られているので、上下水道のトラブルを起こしてしまうと階下の住人へ迷惑をかけてしまう可能性が高いでしょう。水道管や排水管の詰まりや漏れによるトラブルは、集合住宅のどの部分で起きたかによって、居住者と集合住宅側のどちらに責任があるかが分かれます。給水管や排水管のほか給湯器からつながる給湯管でトラブルが起きていれば、部屋の居住者が専有している物と見なされるでしょう。

ほかの部屋へ被害があった場合は居住者によって弁償や補償がされるのが一般的です。例え、配管の経年劣化だとしても、劣化に気付かなかった居住者の責任になってしまいます。一方で、集合住宅の構造によっても異なりますが、床下などに通っている給排水管に問題があれば、共有部分のトラブルと判断されるでしょう。このため、マンションの場合だと賠償責任があるのは管理組合です。

マンションなどで専有部分の配管に詰まりが起き水漏れが発生した場合は、とにかく被害を小さくするためすぐに水道のプロとマンションの管理組合へ連絡してください。管理人から万が一、自分での対処を迫られても詳しい状況を伝えておくと、後で住人とトラブルになった場合に対処がしやすくなります。電気会社にも連絡をしておけば、漏電などの二次被害を防げますし、水道トラブルの被害を受けた部屋の住人へ対処方法をしっかりと伝えられるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *