トイレのつまりや水漏れで、試してみたい対

トイレのトラブルで代表的なものは、つまりと水漏れです。

どちらも予告なくおきるトラブルなので、慌ててしまいがちですが、症状が軽い場合には、あわてて業者を呼ばず自分で対処できるものも少なくありません。簡単なDIY的な作業で直ることもあるので、状況をよく見て判断してください。たとえばつまりの場合、中にはバケツなどで大量の水やお湯を流すだけで解消する場合もあるので、まず試してみましょう。お湯を使う場合は熱湯は避けます。作業として一般的なのは、棒の先にお椀状の吸引カップのついたラバーカップを使う方法です。

用途によってカップの形状が違うので、適切なものを選んで使用します。便器の排水口を塞ぐようにカップをぐっと押し込んで密着させ、一気に引っ張りあげます。これをつまりが取れて水がスムーズに流れるようになるまで繰り返します。引き上げるときにしぶきが飛んだりすることがあるので、トイレの床にビニールなどを敷いたり、便器全体をビニールで覆ってラバーカップの棒が通る穴を開けて使うなど準備をしてから作業することをおすすめします。

トイレの水漏れには、いろいろなタイプがありますが、自分で直しやすいものは、タンク内の部品の不良による水漏れです。ホームセンターなどで、同じ部品を購入し取り替えるだけで直る場合がほとんどです。自分で作業する場合は、まず止水栓を閉めて水を止めてからおこないます。外した部品を無くしたり戻す順番がわからなくならないように慎重にすすめるようにしましょう。どちらの場合も、作業をしても状況が変わらない時などは、あまりあちこちいじらずに早めに業者に相談してください。
トイレのつまりや漏れのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *