蛇口の水漏れ修理は自分でできるか

水道の蛇口から水がぽとぽと漏れるトラブルは誰にでも経験あるはずです。

そして、どうしたらいいのかわからず、ついついそのままにしてしまいがちです。水道料金も心配だし、自分で修理できるのか、この程度で業者をよばないといけないのかと、頭が痛くなります。このぽとぽとトラブル、蛇口の水を出したり止めたりする部分の部品、パッキンが劣化により、正常に機能しなくなるのです。水道の蛇口は消耗品で、耐用年数は10年前後と言われています。施工されて10年未満はこういうトラブルはほとんど発生しません。

もちろん品物によっては、10年以上使っても水漏れしないものもありますが、ある日突然水漏れが発生することもありますので、10年以上たった場合はトラブル発生前に部品を交換したほうがいいでしょう。自分でできることですが、漏れてる場所はどこなのか、蛇口のタイプはレバー型なのか違うタイプなのかによって、修理の方法や必要になる部品は変わってきますが、それがわかれば自分でも修理可能ということです。

最近では修理方法や部品の説明を載せたサイトもありますし、部品もホームセンターで購入可能なので自分で試みる人も増えてきました。しかし反対に、修理した結果もっと水漏れするようになった、さらに悪いことに、水道管を破損してしまい階下へ漏水してしまったというケースも発生しています。普段そういう作業をしない場合は、プロの業者にお願いすることを検討したほうが安心かもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *