蛇口の水漏れ修理が難しいなら迷わずプロに依頼を

生活に必要な水を出すためには蛇口をひねらなければなりません。

そうなると、一日に何度も使用するわけなので経年劣化が出てくるようになります。蛇口の内部には小さな部品がいくつも重なっており、長年使うことでいずれかの部品が変形して薄くなったり傷付いたりして、その役目を果たさなくなっていきます。以前の部品交換から数年もすれば、経年劣化が原因で水漏れが発生しますので、もしハンドルをしっかり閉めているのに水が滴り落ちるという状態になったら、すぐに修理をしましょう。

水栓の吐き出し口からの水漏れはキッチンのシンクに落ちるだけなので、放置していても生活ができなくなるという不便はないかもしれません。しかし、引っ切り無しに水の垂れる音がするのは予想以上のストレスを感じますし、水道料金の跳ね上がりに悩むことになるため早急に修理を行うことをおすすめします。家庭で使われている水栓の種類には、2ハンドル混合水栓とシングルレバー水栓があります。

水とお湯のハンドルがそれぞれ分かれているものと、一つのハンドルを左右に動かして温度を調節するものと言えば分かりやすいでしょう。両者は内部の構造が違うため、用意する部品も違いますし修理の手順も違ってきます。蛇口の水漏れは比較的簡単に修理ができるものなので、ネットで紹介されている方法で自力で直すこともできますが、部品には種類がありますし小さくて扱いにくいため、DIYが苦手な方は迷わずプロの水道会社に連絡する方が良いと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *