温水共用蛇口の水漏れ修理に使用するパッキンとは

水栓器具には必ず蛇口が備わっています。

キッチンや浴室・洗面所の水栓器具の場合、ひとつの蛇口で温かい湯と冷たい水を流す温水共用となっているのが一般的で、この共用という条件下では水漏れトラブルが発生しやすいのが特徴です。水栓器具のハンドルバルブをしっかりと閉めているのに、ポタポタと蛇口から水が流れ落ちているという現象を体験さえたことはありませんか。この水漏れはパッキンの劣化によるもので発生しているトラブルで、早急に修理をしないと水道代が高くなる恐れがあります。

水栓器具内には必ずパッキンが備わっており、ゴム製ということで自然に劣化をしやすいのが特徴です。ところが、温水共用だと急激な温度変化をパッキンが受けるため、より早く劣化しやすくなります。この共用蛇口には一般的なゴム製パッキンを使用して修理をするよりも、「コマパッキン」という耐久性に長けている製品を用いるのが望ましいです。

「コマパッキン」の特徴は強化プラスチック製になっているところで、0度~80度の水温に対応しています。摩耗にも強いので温水共用の水栓器具でなくとも、使用頻度の高いものに用いても良いでしょう。ホームセンターやネット通販サイトで1個600円前後で販売されており、比較的容易に入手できます。水漏れ修理をおこなう際は、温水共用水栓であれば「コマパッキン」を使用して、それ以外の水専用の器具であれば通常のパッキンという具合に適切なものを用いるようにすると水漏れトラブルを起こしにくくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *