台所のトラブルはつまりが多く対策と修理は必要です

台所はシンク台に蛇口と排水口が取り付けられていますが、特にトラブルが目立つ現象にはつまりをあげることができます。

料理を作る際に出てしまう食品の破片や油成分を含んだものも流れてしまうことがあり、食器洗いをする時にも食べかすなどが排水口へと流れるものなので、いつしかつまりは起きやすくなります。対策方法は流す物に十分な配慮を行うことは基本ですが、それ以外でもパイプクリーナを使用して洗浄を小まめに行うことも必要です。

台所の排水口には純正のフィルターが取り付けられているので、サイズの大き目の食材は排水管に流れてしまうことはありませんが、フィルターの目が粗すぎる台所では、別途ネットを購入する方法と純正以外のフィルターに交換することも対策法です。既につまりのトラブルが起きている時には、大体の例でシンク台の下部を見ると排水管を探せます。接続部分から簡単に取り外し可能なタイプであれば、取り外して柄の長い棒を見つけて配管内部の異物を除去する方法も効果はあります。

排水管を簡単に外せない場合と、外す際に用いる工具がないというときには、トラブル解決を専門に行う修理会社に任せる方法が最適な判断です。修理会社の場合は、ワイヤーブラシなどプロ用の道具を使ってつまりを解消することができ、時間は20分も掛からずに済ませられることも多々あります。ブラシで洗浄をする方法は効果覿面ですが、仕上げに高圧洗浄機で配管の奥まで掃除をしてもらえば、より一層新品状態に近付けられます。排水管が標準よりも細いという台所であれば、修理会社に相談をした上で太めの配管へと交換をすることも不可能ではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *