つまりトラブルの修理を依頼する時のポイント

水のトラブルは家庭内のさまざまなところで発生しますが、その中でも多いのがトイレです。

トイレではつまりによるものが多く、その原因によって対処方法が変わってきます。トイレットペーパーによるつまりトラブルが発生した場合は、軽度であれば水やお湯を勢いよく流すことで解消できる場合があります。それでも解消できない場合や、水に溶けない紙類がつまっている場合は、ラバーカップを使ってみる方法がおすすめです。ラバーカップはホームセンターやスーパーで購入できるほか、100円ショップで売られていることもあるため、万が一に備えて1本準備しておくと安心です。

携帯電話や子供のおもちゃなど、異物がつまりトラブルの原因となっている場合は、どこでつまっているかチェックしてみると良いでしょう。もし、奥の方に入り込んでいる場合は勢いよく水を流してしまうと、そのまま流れて行きさらに奥でつまる危険があり、無理に取ろうとして便器を傷つけてしまうことがあるので注意が必要です。

簡単に取れる位置にある場合は、異物を取り除くことでつまりトラブルが解消できる場合があります。このように自分でも比較的簡単に解消できるケースもありますが、基本的には無理をせずに修理会社に依頼してトラブルを解消してもらう方法がおすすめです。つまり修理の料金は修理会社によってそれぞれ異なるため、トイレがつまった場合は複数の修理会社に見積もりを出してもらった上で、依頼先を決めると良いでしょう。
つまりのトラブルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *