つまりトラブルで何が起こるか

トイレがつまってしまった場合、大抵の人はラバーカップを取り出して解消しようとします。

しかし、トイレのつまりトラブルはトイレットペーパーが原因であることが多く、ラバーカップを使わなくても時間を置くだけで勝手に流れてくれることがあります。ぬるいお湯を注ぐと、トイレットペーパーの溶ける時間を早めることができるといった裏技も有名です。つまりトラブルは家で起こるトラブルの中でも比較的簡単に直るものというイメージがあるため、解消することは単なる面倒ごとに過ぎないのかもしれませんが、わりと大事になることもあるので気を付ける方が良いです。

上手く解決できなければ当然ながらトイレが使えませんし、ラバーカップやお湯を利用すると直るなどとは言っていられません。ひどい場合は水道会社に連絡をして便器を外すことになったり、下水管の方まで触ることになって作業が複雑になったりと軽くみることはできないことを知っておくべきです。トイレがつまって水が流れないというのは分かりやすいですが、中には流れることは流れるけれどゴボゴボと音がしてスムーズではない、便器内の水(封水)の水位が下がるといった現象も起こり、一見するとつまりとは思わないものもあります。

しかしこれらもつまりの一種であり、特に封水が下がると下水管からの臭いが地上に上がってくることになるため、ひどい臭いが立ち込めます。それゆえ、完全につまっていなくても早急に対処する方が良いです。トイレが正常に流れるというのはそれだけで非常に気分が良く、快適な生活のためには欠かせません。つまりトラブルを放置すると様々な弊害が起こるので、速やかに修理をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *